スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束の地へ ~クラヒスト合宿in南野島 2014~ 前編

10/18(土)、夜も明けきらぬAM 4:15。


目覚ましに起こされ、そそくさと外出の準備を始める肌寒い早朝。

4ヶ月前から計画し、待ちに待った日がついに!!
嵐を呼ぶ能力を持つコマキさんが(笑)、気合いを入れて先週までに
立て続けに台風を呼んでくれたおかげで、
時間と共に朝日が昇ると気持ち良いくらいの快晴☆

5時半前には家を出て最寄りの駅から空港へのアクセス特急に乗り、
成田駅を目指します。
LCC、羽田から出てればもっと楽なのに…( ´Д⊂ヽ
特急とは言え1時間ちょっとかかる道のり、
iPodを聞きながらもドキドキソワソワで全然寝られませんでした(苦笑)

7時ちょっと前に成田空港に到着。
空港内をウロウロして少々時間をつぶし、
空港の近くに前泊していたコマキさんと7:15頃合流。

うにゃ~/// コマキさんの顔見たら、いよいよか!!って緊張感がwwww
飛行機の出発まで既に1時間を切っていたし、
特に空港内でする事もないので、すぐに保安検査に向かい、
待合いロビーで飲み物買ったりしてから搭乗口のあるエリアへ。

LCCなのでターミナルから飛行機まではバスで移動。
お世話になります、ジェット★様!!



秋の行楽シーズンだからかな?
空港も、もちろん機内も人が多くてほぼ満席。
定刻よりも10分少々遅れての離陸でした。

…飛行機が離陸する時のあのジェットエンジン音と、
体にかかるGが、凄い好きだ…(笑)

上空にあがると綺麗な青空!!



離陸して間もなく、窓から富士山も見えました。
流石、日本一高い山だけのことはあるwwww

機内でうとうとするかしら~と思っていたけど、
生執事についてアツく語ったり← 今回の旅行の事を語ったり、
なんだかんだ到着まで一睡もせず、でした(苦笑)
が。
いつも天気予報とかで見る日本地図って、基本、東京中心じゃないっすか。
で、たいてい南野島は伊豆諸島のあたりか、もしくは
石川県の斜め上あたりに別枠で表記されることが多いので、
距離感がいまいちわからないというか?(爆)
3時間かかるって、改めて遠いなぁと実感しました。
グアム・サイパンの方が近いじゃんねwwww

上空から島影が見えてきても、これからシンさんに会うんだという実感が
全く沸かないあまり、本島を見ながら
「外(本土)に出なくても、この島の中で生きてく事が出来るんだよなぁ…」と
しみじみ考えてましたwwww(いや、馬鹿にしてるとかではなく、ですよ?)
そして全く土地勘のない二人、本島や離れ小島を見ながら、
あの島はこの辺じゃないだろうか?とか勝手に想像、勝手に結論(笑)

着陸後もターミナルまではバスで移動、その間にシンさんに“着いたよ”メールを送り、
到着口のゲートを出る前にお手洗いを済ませてからロビーへ。



いたぁぁぁ、シンさんだぁぁぁ!!!

髪が伸びて女性らしくなってる~ッッΣ(・ω・ノ)ノ ←
普段オトコ前な発言が多いシンさん、実際はとっても女性らしく、
そして華奢で可愛いんです~(*´艸`) ←あ、これオフレコだった?(爆)

観光地・南野島はやはり人が多く車を駐車場に停められなかったとの事、
臨時駐車場までテクテクと歩く…隣にシンさんがホントに居るよ~ (*ノωノ)テレテレ

飛行機の離陸が遅れたので当然到着も予定より20分程遅れ、
なおかつ、臨時駐車場までそこそこ距離があり、
その上、臨時駐車場でシンさんの車が行方不明になり(爆)
※駐車場の係員さんに車のキーを預け、空いた場所に停めて頂くという
システムだったのでどこに停めたのかは係員さんのみぞ知るwww

駐車場の端の方まで車を探しに行くシンさん。
でも縦列で仮停めされた車の影になっていただけで、実は私たちの目の前にありました(笑)

荷物をひーたん号(車)に積み込み、さぁ出発!!
…の前に、車内でお土産を頂き、ごそごそ中を拝見すると

・旅のしおりwwww
・お菓子
・少し前にTLで話題になったTシャツ(笑)
・入浴&美容ケア品
・そして何より紙バッグについてる手作りキーホルダー!!

※帰宅してから撮影したのでTシャツしわしわでゴメン(苦笑)


このキーホルダー、一人一人絵が違うの!!
っつーか、見覚えがある絵過ぎて吹いたwwww
やだぁぁぁ、もう、イラスト自体はさておき超嬉しすぎる!!
※コマキさんに見せてもらうの忘れたけど、旅のしおりも微妙に違ったらしい!


初日の最初の予定、お昼を食べに予約していたお店へ車で移動。
何でだろう、いつも一緒に遊んでるコマキさんと一緒だからか、
シンさんが隣で運転してるのに南野島に来てる感覚が薄い。
コマキさんもそう思っていた様で、きっと日常に戻ってから後から
じわじわと“行ったんだな~”って実感するのかな…なんて話をしました。


島を横断するように走る事約1時間。
空港とは反対側の海岸近くにある茶屋へ。
このお店、駐車場からはどこにあるのか見えません(爆)



緑おいしげる階段を登るとあらわれる隠れ家的なお店。
店内に入ると…でっかい岩があり『店内なのに外?!』って
思わずにはいられませんでしたwwww
そして窓側の席に案内して頂くと、眼下には環礁の海!!



オススメの『さちばる定食』♪



お肉を使用していない野菜中心のメニューで、量は多かったけれど
すっごく食べやすくてもたれもせず、美味しかったです!!
天ぷらにかかっていたお塩がこれまた美味でした!!
(あ、もちろん天ぷらも美味しかったよ?w)
シンさん、食材の解説もありがとう(笑)

デザートに緑色のアイスを頂いたのですが(何だっけ?月桃だっけ?←)
食べる前『何とも言えない味だから食べてみて!』と脅かされw
恐る恐る口にすると、こっちの食べ物で一番近い味に例えると、
笹団子の餡子が入ってない味(ヨモギ団子)だった!!
食文化って面白いな~wwww
似たような効能の植物(殺菌効果とか虫よけとか)を使った食べ物が、
雪国では保存食の笹団子で南国ではアイスになるんだな~。

美味しいお食事と最高のロケーション、ありがとう!!
ごちそうさまでしたッッ(>人<)



ついでに…下の階にあるギャラリーでおくつろぎ中だったにゃんこさん☆



頭ナデナデしたら『誰だキサマ…』って顔されて行っちゃった( ´Д⊂ヽ
安眠妨害してゴメン…orz

せっかく綺麗な海が近くにあるので、ビーチにも行きたかったんだけど、
炎天下の中ちょっと海辺へ行く気力の無い、若くない3人(爆)
もう少し日が傾いてから夕陽の海辺にしようぜ!って事で、
15分ほど車を走らせてもらい、お次は某テーマパーク(?)へ。



入園すると、間もなく「エイサー」のショーが始まるとの事だったので
一直線にアトラクションエリアに向かい着席。
大太鼓や締太鼓、三板(さんば)、三線、指笛と唄、
“これぞ、いかにも!”(偏見?w)という音色で楽しませてもらいました。

驚いたのが大太鼓は男性が担ぐのかと思いきや、
若い女性も担ぎ、回し、担いだまま飛び跳ね、クルクル舞い、
そのタフさに脱帽。かっこよかった。
撮影禁止なのが勿体ない~><

エイサーを見た後はエリアを移動し伝統衣装を着ての記念写真撮影。
普通、こういうのって写真撮影込みで¥1500~¥1800くらいするのに、
一人¥500で、しかも私たちの私物カメラ・携帯を使って、
スタッフさんがバッシャバシャ撮ってくれんのwwww
座り姿、立ち姿、バストアップ写真、「まだ撮るの?!」ってくらい
沢山撮って頂きました!!



左からシンさん(赤)、コマキさん(紫)、猫乃(黄)
スタッフさんのカメラ操作の手際の良さに、驚いたよwwww

なぁぁぁんて、のんびり堪能してたらあんまり時間が無くなってきてしまって、
エリアを移動し次は鍾乳洞の見学へ。



これ、この雰囲気、入魔洞窟(幽白・魔界の扉編の洞窟)みたいじゃね?(笑)
や~…自然の凄さを感じましたよ…最初の10分位はwwww

ここ、入ったら抜けるまで25分~30分かかるの。
途中、「あら、太くて立派♪」



なんて事思っても、他にもお客さんが居る公共の場なので変な発言出来ないし、
後半は歩行スピードアップでサクサクっと進んで参りましたwwww
で、鍾乳洞からやっと出られた思ったら、この日泊まる宿の
チェックインのお約束をしていた16時になってるしッッ(((( ;゚д゚))))

1時間ほど遅れる連絡を入れて、急いで駐車場に戻ります。
だがしかし。
鍾乳洞の入り口が、園の入り口のすぐ傍だったの。
で、鍾乳洞の出口が園の一番奥にあたる場所だったの。
もぉぉぉ駐車場が遠いったら(苦笑)
800m先…って表示あったけど、直線で進めないあの順路、
明らかに1k位ありましたよねwwww
必ずお土産屋さんを通り抜けしないと進めないあの作りに
商魂逞しさを感じましたよ、えぇ(笑)

慌ただしく出発して(時間の都合上、ハブ博にも夕陽の海にも行けんかった)
17時ちょびーっと過ぎちゃったけど、一晩お世話になる宿に到着。



ホテルとは違う、1日1組限定のペンションタイプ。
尋ねるとオーナー夫人が迎えてくださりました!!見て、このリビング!!



も、ね、鍾乳洞見学で予想以上に体力使ってやや落ちてたテンションが
一気にブチ上がるってもんですよ!!!!!
しかも事前にシンさんから『薔薇好きの二人です』って情報を伝えてくれていて、
そこかしこに薔薇のモチーフを取り入れたインテリア。

玄関マット


オーナメント


テーブルセッティング


至れり尽くせり、なにこの素敵空間!!
オーナー夫人とご挨拶を交わした後、雑談を交えながら各お部屋のコンセプトや
こだわりポイントをお話してくださったり、設備の使い方を教えて頂いたり、
そして記念撮影をした後、ご夫人はご帰宅、鍵をお預かりしてプライベートハウスに。

ダイニング&キッチン


バスルーム


コマキさん寝室


シンさん寝室


すいません、我儘を言いましてどーーーーしてもこの部屋がいいと
使わせて頂いた主寝室の猫乃寝室


ゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆ、夢の、天蓋付きベッド!!!!
むっふぁぁぁぁぁぁ、こんな家に住みたい!! 悪魔っぽい執事付きで(笑)

とりあえず、まず初めに荷物を片付けるとか一息つくとか
そんな手順はまるっと無視して各々撮影に専念wwww
猫乃は一足先に撮影が落ち着いたのでリビングのソファーに座ってたら、
目の前に銀の呼び鈴が(笑)

「チリリーン」と慣らしてみるとコマキさんが
『お呼びでしょうか、お嬢様』って来てくれて、ホントありがとう(爆)
大好きwwww

予定ではこの後クラヒストカラオケ行こうって話になってたのだけど、
あまりの素敵空間にココをもっと堪能したい!!って想いと、
鍾乳洞での体力疲労&素敵インテリアにテンション上げて
興奮しすぎた疲れと(爆)で、夕飯を買い出しに行ってゆっくり過ごそうって事に。

とりあえず近くのスーパー&コンビニに夕飯の食材を買いに行き、
サラダ、スープ、野菜系惣菜、メイン系肉類惣菜、パンとお酒、
それとつまみになるお菓子類を購入。

ペンションに戻り、ちゃっちゃか夕飯の準備に取り掛かりますーって
ただ単に電子レンジ様にお願いして温め直し、お皿に盛りなおすだけですがー(爆)
あ、でもシンさんはお鍋でキャンベルのスープ温めてくれたかwwww

夕飯にはちょうどイイ、時刻は早くも19時半、準備が整い、いっただっきま~す☆



パッと見、立派でしょwwww ちなみにパンがめっちゃ美味でした!!
※翌日、成田に戻ってきてからレシート見たら600円越え(1斤)の高級食パンで、
コマキさんと二人、帰りの電車の中で‘。*:‘( ゚д゚* )マジ?! ってなりました。そら美味いハズだわ。 ←


空腹にワインをきゅーっと入れてしまったので、アルコールまわるのが早い(苦笑)
いかにも高そうなテーブルクロスに食べこぼししないだろうかと
やや緊張しながらの食事、みんなあまり食べる方ではないので、
ゴチソウサマデシタ、まで1時間かからなかったかなぁ?
空港に到着してからここまで、時間の経過があっという間で、
前回来た時ってこんなに時間の流れ早かったっけ?なんて話しながら、
さぁ、ここからは“夜のパーティー”の為にとりあえずディナーの片付け。

あらかた片付いたところで、リビングでシンさんが淹れてくれた
“消化を促すお茶(ハーブティー)”を頂きながら、束の間ホッと一息。
(その間にシンさんはバスルームへ。覗くの忘れた。…チッ)

持参したDVDをセットし、優雅に茶をすすりながらDVD鑑賞……って、
何このインテリアとTV画面のミスマッチこの上ない絵ヅラ(爆)



非常に申し訳ない気持ちになってくるんですけどwwww

シンさんが入浴を終える頃にはだいぶお腹(胃)も落ち着いてきたので、
映像白書をBGMに魅惑タイムへ突入~(*´艸`)
いわゆる宅コスってやつですが、室内が素敵すぎて、もはやロケーションコスっすよ!!
しーかーもー!!この為に、シンさんはご友人から
照明セットやレフ版を借りて来てくれてて、何か機材が本格的なんですけどwwww

今回は
コマキさん→猫乃の備品を一式お貸しして『妖狐サマ』
シンさん→コマキさんのウィッグ&猫乃の制服をお貸しして『南野(制服)』
猫乃→自分のウィッグ&コマキさんの戦闘服をお借りして『南野(緑の戦闘服/フィギュアの服)』
蔵馬しか居ないカオスな感じwwww

メイク・着替えを終えて、まずは寝室での撮影をしよう!!って流れとなり、
例の天蓋付きベッドのある寝室へ移動。
一番手の被写体は猫乃…だったのですが、制服南野が一眼レフを構えて、
ベッドによじ登りながらバシャバシャとシャッターを切るその残念な姿と(爆)、
そんな南野を背後からニヤニヤしながら激写する妖狐様が視界に入り、
途中何度も吹きました(苦笑)アレを見て無表情保つのは無理だってwwww

ソファーを使ったり、天蓋の柱を使ったり、とにかくお部屋自体がセットの様で、
猫乃もコマキさんやシンさんの一眼レフを借りて何枚か撮らせてもらったのですが、
背景を気にすることなく欲望のままに撮影できる感じでした(笑)

んで。
ベッドも使って撮影をしたのですが、シンさんから枕営業だと言われ(笑)
ついでに、職場の備品を拝借し持ち込んだ赤い花弁が、
ま~…なんとも枕営業に拍車をかける演出アイテムにwwww



コスの最中は、撮られるかor撮る時はシンさんかコマキさんの一眼で
撮影をしていたので、自分のスマホやデジカメには一枚も納めておらず、
これからお二方より頂く画像データを見るのが楽しみであり、同時に恐ろしい…orz

猫乃の次はコマキさん妖狐様を撮影!!
妖狐様、衣装的に露出度が高いせいか、な、なんか、もうベッドに上がるだけで
卑猥なんですけどーーーー(*´艸`)
ちょ、真っ赤な薔薇の花びらを周囲に散らしながら仰向けとか、
もうその存在自体がR指定(爆)
流し目しないでください、めちゃくちゃ照れますからwwww

一眼レフの扱いに慣れない猫乃は、四苦八苦しながらも好きなように撮らせてもらいました♪
やっべぇ、コレ、撮影する側はめっちゃ楽しいwwww
ひとつ悔やまれるのは、せっかくあの状況だったのに、
CPで撮らなかった事!!(すっかり忘れてた~( ´Д⊂ヽ)
妖×蔵とか蔵×蔵とか、需要はさておき ←
あの状況じゃなきゃ撮れなかったのにー(泣)
あ、でもちょっとだけ妖×蔵(シンさん)っぽいの数枚撮ったか!!!
くっそ、もっとガッツリ絡ませれば良かった!!!

コマキさんの後は、シンさんの撮影を!!
「え~、イイよ撮らなくても~」と言いながら、
カメラを向けられるとノリノリになるシンさんが大好きですwwww
花びら銜えちゃったり妖狐様の髪に指を絡めたり、
このエンターテイナーめwwww

ひとしきり寝室での撮影を終え、花びらを綺麗に撤収し、
お次はコマキさんの寝室で女王様蔵馬の撮影(爆)
※海藤戦の椅子に座って足組みながら見下す蔵馬しゃん///

シチュ的に制服なのでシンさんがソファーに座り、
カメラを構えて液晶を覗くと、背景がね、もう、シーンにマッチしてて、
ホント女王様`。*:`( ゚д゚* )

何枚か女王様を撮影した後、猫乃は袖まくりして手に包帯を巻き巻きし、
ひーたんとして手だけ出演!!
包帯を巻いた手をとり、甲に唇を寄せるシン蔵様。
彼女の(変態の)真髄を見た気がしました。うん。

リビングのソファーでも数枚撮影した後、ちょっと一息。
ソファーの上でゴロゴロしながら、まだ1時なんだね~なんて会話をしつつ、
炎の絆を(コス姿のまま)鑑賞……していたら、ですね。

猫乃さん。
コスしたまま、まさかのマジ寝。


全然、落ちた記憶がねぇッッ( ; ゚Д゚)
シンさん&コマキさんが、名前呼んだり、ゆすったり、
足裏くすぐったりしたらしいのですが、身じろぎすらする事無く、
ピクリとも動かなかったそうです(爆)

うぅぅぅぅぅぅわぁぁぁぁぁぁぁ、貴重な時間だったのに勿体ねぇ(泣)
しかもその間、好き放題撮られた気がしてならない!!
後から写真見るのがマジで怖いっす…((゚゚дд゚゚ ))

つーか、人間、コスしたままマジ寝できるんだなって知りましたwwww
おそらく、今生でこんな経験する事は、これが最初で最後でしょう←
くぁあっっ、くっそ油断した・゜・(PД`q。)・゜・

ちなみに次に目が覚めたのは、コマキさんが入浴を終えた2時半頃でした。
二人から散々呼ばれて目を覚まし…自分の姿に凹む(爆)
いやでも朝まで放置せずに起こしてくれてありがとうwwww
半分寝ぼけながらノロノロとシャワーを浴びに行って、お湯の熱さに一気に覚醒( ; ゚Д゚)アッツ!!

シャワー中にシンさんはお先に寝室へ。
コマキさんは多分私が出てくるのを待ってくれ…てる最中に
ソファーで寝落ちしたと思われる姿でした(笑)
(あぁぁぁ、写真撮っとけば良かったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!)

この時、時間は3時半くらいだったかな?
寝る前に一服しに外に出て、夜空を見上げながら煙草を吸ってたら、
流れ星発見!!*.☆彡。 ・:*: わぉ!!ラッキー!!
多分、離島よりは全然明るい空なのだと思うのですが、
東京に比べれば暗く、明るめの星雲なら肉眼でもいくつか見る事が出来ましたよ♪

そして、すぐ傍にあったもっさりした木から、『キュルキュル』と鳴く何者かがwwww

風が木の葉を揺らす音が穏やかな、日常から切り取られたようなひと時。
南野島の暗い夜は、夜空と横の木だけが賑やかでした(笑)
※暗いので目視できず鳴き声の正体は結局不明(爆) 蝙蝠か?

室内に戻り、ソファーで寝てしまっていたコマキさんを起こして寝室へ促し、
この日は皆さんおやすみなさ~い…☆(o・ω・)ノシ


だがしかし。
私はこの後、やらねばならぬミッションがまだ一つ残っているのだ。


寝室に戻り、ルームランプを全部消し…たら当然真っ暗になって何も見えなくなってしまったので(爆)
小さいルームランプを一つだけ付けっぱなしにしてベッドに入る。

スマホのミュージックアプリを立ち上げる。

イヤホンを耳にセットする。


『執事のおやすみCD』を再生(爆)

天蓋付きのベッドで、執事に寝かしつけてもらいたかったんだものっっ!!!wwww

『お呼びでしょうか?どうなさいました、眠れないのですか?
嗚呼、それはいけませんね。睡眠不足はお体にさわります。』

『さぁ、絢爛たる夢の世界に誘われるまで、私がずっとお傍におります。』

にゃっはーーーーーー//// うっひゃーーーーーー//// (バンバンッッ)
ミッション・コンプリート!!
眠りに落ちるその瞬間まで、超妄想に浸らせて頂きましたwwww


約束の地へ ~クラヒスト合宿in南野島 2014~ 後編へ続く
Blog 最新記事に戻る
スポンサーサイト

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。