スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生執事に行ってきたでぇぇぇ(o≧▽≦)ノシ

だうもぉぉぉ!!最近、執事ブログと化していてごめんなさい(苦笑)
本日9/10(水)行ってきました!!
生執事、もとい『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス-』@六本木ブルーシアター



もぉね、ごめんなさい。
ぶっちゃけ舞台をナメてました。大変申し訳ないッッ( ´Д⊂ヽ
想像を超えるシロモノでがっつり寿命縮めて参りました(爆)

完全なるネタバレ含みますので、嫌な方はご注意を!!
追記にて長文を書き綴りますゆえ♪
そして原作ありきな文章になると思うので、原作未読、アニメ見てない方には、
何のこっちゃ?な感じかも(苦笑)
でもこのアツイ滾りをぶちまけさせてぇぇぇぇぇぇぇ!! 
`。*:`( ゚д゚* )キイテキイテキイテキイテ!!!



と。いう訳で。
秋の土日はかーなーり予定が込々であまり子供を頻繁に預けられず、
自主休暇(有給w)を取得して平日の公演に行って参りました。

本日ももれなくお約束の
『ぜ、全然楽しみなんかじゃないんだからねッッΣ(゚д゚;≡;゚д゚)』
(本当は胃が痛くなる程に楽しみ←)
というツンデレを発動させてしまい、開演45分前を切ってるのにまだ自宅だったという(爆)
※会場が近所だったので、最悪30分あれば着ける感じだったので~

会場まではバスで向かう予定が、壮絶にギリギリに家を出たせいで
信号待ちしてたらバスが来るのが見えて… !!

(⊃ Д)⊃≡゚ ゚ アレニ乗ラネバ間ニ合ワン!!

信号を待ってられず、歩道橋をダッシュで駆け上がり&駆け下り、何とか乗車(汗だく)
3停目で降りるか4停目で降りるかで悩み(ちょうど中間らへんが会場だったので…)
4停目にするか~と判断したのが間違いの始まり、
3停目を通過してすぐに車線変更を始めた都バス。

そう、私が思い込んでた「六本木ヒルズ行き」のバスではなく、
「新橋行き」のバスだった為、3停目以降は進む方向が違うのです!!

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ‘。*:‘( ゚д゚* )ガハッ!!
ただでさえギリギリなのに、致命的なロスタイム!!
泣けど叫べど、交差点の真ん中で下してくれるはずもなく、
次の停車場まで運ばれる灰になった猫乃。

汗だくで自分の湿気で爆拳ゴッコが出来そうでした…orz

小走りで会場まで向かい、何とか開演前に到着!!
ふおぉぉぉぉ////
幽白イベントとか緒方さん関連イベントの雰囲気には慣れてるけど、
黒執事関連の集まりに来るのは初めてで、何か、何か、いつもとチガウ!!
流石、お嬢様方の集会(笑)

予定では開演前に物販を買おうと思ってたのですが、
とてもじゃないけどそんな時間は無く、速攻で場内に入り着席。(5分前)

舞台には幕はかかっておらず、天井にまで届きそうな大きな白いチェスの駒が3~4つ。
スモークも既にたかれはじめ、舞台を中心に霧がかってます。
時間になると照明が落ち、シエルとセバスチャンの初対面のシーンからスタート!!

あ~…あの、ですね。
ワタクシ、漫画原作の舞台を観るのは初めてで、しかもミュージカル。
歌う&踊るセバスとかどうなのさ?(苦笑)とか、ややナメてたんですよね。正直。

なのに。
冒頭から、グワシッッともってかれました。

真っ赤な照明の中、黒く長いマントを翻して舞うセバスに瞬きを忘れる程釘づけ。
セバスチャン役の松下優也さん、歌も上手くて、伸びの良いテノールの声が、
小野Dセバスで聴き慣れてしまっている猫乃の耳でも、
“あ、セバスだ”って自然に受け入れられる。

そしてシエル役の福崎那由他くん、御年13歳。
うわぁぁぁぁぁ、リアル坊ったん!!!!
歌声も演技も等身大の13歳なだけあってシエルのクッソ生意気さと子供らしさが
自然な感じで滲み出てて、開始数分でもう舞台上に居るのが
セバスと坊ったんにしか見えなくなってましたwwww
セバスがシエルの背後に立ち、シエルの顔に手を這わせるシーンがあったんだけど、
3次元で見る二人の身長差の破壊力はすさまじく、
リアルで見るとこうなのか!!こんな感じなのか!!ブシャァァァァァ(鼻血)

二人の出会いのサバト(集会)のシーンが終わり、続いてファントム・ハイヴ邸に。
コミックス2巻の冒頭、坊ったんのお目覚めのシーンから
使用人3人に殺意と呆れを通り越した感動を抱くセバスのシーン(笑)
セバスが坊ったんの眼帯をつけてあげて、その後髪の毛を直してあげる動作に
キュンキュンすぎて瞳孔かっぴろがっちゃいました。
そしてちゃんとフィニには「このバ…バカ!!」って言ってて原作と一緒だぁぁぁと興奮wwww
その流れで白執事ことWチャールズが女王からの手紙をもって登場します。
ここはね、9巻のWチャールズ登場のシーンを原作通りになぞっていて、
グレイの剣をセバスがアフタヌーンティースタンド&シュークリームで止めてて
原作ファンとしてはもうもう、あ、あのシーンだ、このシーンだ!!の連発で美味しすぎる!!
Wチャールズの二人、もうめっちゃ歌うまいし声量あるし、ふぁぁぁぁぁぁ////

シーンはロンドンにうつり、切り裂きジャック事件を追うアバーライン&ハンクス(オリジナルキャラ)
の二人が登場するのですが、この二人は原作テイではなくて、舞台のアクセントというか、
ストーリー補足をしつつ笑いを演出するアドリブ担当的な?(笑)
そんな二人なので、小ネタを挟んで笑わせるったらもうwwww

そんなアドリブで言い合いをしているシーンで、まさかのアクシデントが!!

ハンクス役・寺山武志さんの衣装の社会の窓が全開で(爆)←ネタではなくガチだったそうw
それを発見してしまったアバーライン役・高木俊さんが、
切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)にひっかけて
『お前ソレじゃ“チャック・ザ・ジッパー”だ!!』 場内大爆笑&拍手喝采wwww
いやー、アドリブであのテンポ、素晴らしかった~(*´艸`)

ひとしきりストーリー補足&アドリブで笑わせてもらった後、タウンハウスのシーンに転換。
ここで劉(ラウ)とマダム&執事グレルの登場!!
も、ね、ここら辺はホントに原作に忠実で、マダムがセバスのお尻をなでる
細かい一コマまで再現されてましたがな!!
劉もマダムも登場シーンからまさにキャラそのもの。
その後に登場したアンダーテイカーも、も、も、ホント、クオリティ高くて!!
役者の皆様、漫画&アニメ見てどんだけ研究したの?!?!って思うくらい、
あのキャラ達が肉眼で、目の前で、3次元で動いてるんだよ~(ノ∇≦*)

場面はドルイットの夜会のシーンへ。
ドルイット役・佐々木喜英さん、気持ち悪いくらいドルイット(爆)
やり過ぎで気持ち悪いんだけど(失礼w)、どっからどう見てもドルイットなの。
ある意味、感動したwwww歌&踊りで腰まわし過ぎwwwwでも100%ドルイットwwww

勿論、シエルは駒鳥で、ピンクのドレス姿がめっさかーわーいーいーッッ!!!!
このシーン、原作ではエリザベスが出てくるんだけど、
エリザベスの役回りがWチャールズに差し替えられてましたね。
坊ったん、原作通り捕えられ&セバスに助けられ、
子爵邸を出るシーンではセバスに片腕抱っこしてもらいながら移動!!
んぎゃぁぁぁぁぁぁぁ////
か、か、片腕抱っこ!!片腕抱っこ!!片腕抱っこぉぉぉぉ!!!!

…テンションおかしくてすいません…

解決したかと思われた切り裂きジャック事件が再び起こり、
シエルが真相に気付いたところで第一幕終了、15分休憩に。

休憩に入った瞬間、携帯立ち上げて取り合えずTwitterに思いの丈を叫んださ(笑)
15分休憩が終わり、客電が落ちる寸前、お隣に座っていたお嬢様が
「あぁぁ、始まっちゃう…始まったら終わっちゃう…終わって欲しくないよう~」
と、友達と会話していて、その気持ち解る、解るよぉぉぉぉぉと、勝手に同調。

さて、第二幕。劉が語りで登場しストーリー補足をしている途中で、
小道具のキセルを落っことしてしまい、「あ…」とつぶやいて何事も無かったようにwwww
こういうアクシデントって生ならではの醍醐味だよね~(*´艸`)

場面はイーストエンドでの張り込みシーンに。
事件現場に踏み込んだ坊ったんに「いけません!」って言って
背後から抱き抱えて目隠しをするセバス…ハァハァハァハァ
動揺する坊ったん、かわゆいよ、かわゆくて息ツラ…。
お待ちかねのグレルの登場、期待通りはっちゃけてくれました(笑)

一ヵ所、ぷふっっって思ってしまったのが、緊迫したシーンでシエルが
「セバスチャン!!」って名前を呼ぶシーンがあったんだけど、
直前のグレルとセバスの会話につられたのか、イントネーションが
完全にグレル風な「セバスちゃん!!」になっちゃってて、もう可愛さに悶えたwwww

グレルとセバスのアクションシーンは、もう、二人とも身のこなしが軽やかで、
スピード感があって、うわぁぁ、もっと近くで見たいぃぃぃ!!!!
腕一本ダメにして助けに走るセバスとか、その後のマダムの
シネマティック・レコードのシーンとか、原作の台詞を一緒に言える位読み込んでるけど、
舞台の世界に引き込まれちゃって。

シネマティック・レコードによる回想シーンは、シルエット&マダム(役者)の
両方を用いて、なるほど、こんな風に演出したかぁぁぁと納得の見せ方。
漫画を実際に再現するのは難しいと思っていたけど、
なるほどなるほど、これもアリだ!!と思わせてくれる演出でした。

も、ここらへん、マダムが文句なしの迫真の演技で、
セリフではなく歌がメインのシーンだったのに伝わってくる感情がビリビリ響いて、
ちょ、ごめ、前が滲んでよく見えないよ…( ´Д⊂ヽ

原作どおりグレルをフルボッコしたところでウィルも登場しグレル回収wwww
全て片付いてシエルが「少し…疲れただけだ…」の台詞が
めたくた切なくて切なくて切なくて切なくて(泣)
マダムの葬儀のシーンでは、シエルが赤いドレスを担ぎながら棺の脇に腰掛け、
マダムに掛けた後、赤い花弁が舞い落ちる中最後にキスを贈って…

すいません、私の水分が枯渇します…orz

ラストは、あの、夕陽の中、改めてセバスが服従を誓うシーンっすよ!!!
「王手(最後)のコールを聞く、その日まで…」のシメ台詞の後、
本当の大ラスでセバスとシエルの二人の台詞&独白が歌になってる
デュエット(?)だったんだけど、セバスパートの歌詞で
「あなたは私の美しい主(魂?)」←ちゃんと聞き取れなかったんだけど、確かこんなん
「イエス・マイロード」
もう、おばちゃん満腹です、大満足です・゜゜・(/□\*)・゜゜・
ミュージカルをナメてて申し訳ございませんでした。完敗。
何で今までの生執事を見なかったんだろう、と大後悔。

そしてカーテンコールで全員出てきて、最後の最後まで
セバスは坊ったんをエスコートしてて、ドキドキが止まらないよぅ////
坊ったんが、「セバスチャン」って名前を呼んだら、セバスが締めの挨拶をして、
もうもうもうもう、本当原作の二人のやりとりっていうの?
名前1つ、視線1つで会話する感じを演出してて、ドキドキしすぎで寿命が縮まったよ…

一度全員はけた後、再び出演者が出てきて、今日はアバーライン&ハンクスの二人から
軽い挨拶を。(ここの挨拶は日替わりみたい)
そして、全員はけて客電がつき終演。

休憩含む約2時間45分、気が付けば観てる最中一度も椅子の背もたれに背を預けることなく、
常に前のめりで食い入るように観てましたwwww

終演後、物販に並び、エコバッグとパンフレットセットを購入☆



追加公演の先行チケット販売もしてて、たまたま持ち合わせがなくて買えなかったけど、
余分にお金もってたら絶対買ってたな…、あと生執事のDVDも(苦笑)

そんな感じの生執事初体験、私的には大変満足でございました!!!!
ま~、アレあれだね、次からは絶対生執事行くだろうよ、私(爆)

ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました~!!(o≧▽≦)ノシ
スポンサーサイト

Comment

音羽  

むむ。
私には全くもってネタバレにならない(元がわからない)ので楽しく読ませて頂きました、
ミュージカルは観たことないのですが猫乃さんのテンションで観たくなって来ました!!

とりあえず2巻と9巻を読んだら一部のシーンは「漫画と一緒だ〜!」とドキドキできるのですね!原作も持ってないのでまずは予習で2巻9巻を手に入れようかしら(笑)

2014/09/11 (Thu) 19:26 | EDIT | REPLY |  

猫乃  

Re: 音羽サマ

**音羽サマ**

いつもの事ながらテンションと勢いだけのレポでお恥ずかしい限りですが、
どんだけ悶え転げたかを察して頂けたのではないかと…(笑)
10/5楽しみだぁね~(ノ∇≦*)←…って、まだチケ確定してないケド(苦笑)

コミックスで言うと、2巻~3巻が今回のミュージカルの原作になってる話で、
9巻~11巻は10月&11月の映画(Book of Murder)の原作になってる話!!
先読みでも、未読でも、どっちでも楽しめると思う~(*´艸`)
アニメが最終回を迎えてしまった今、生執事ライビュと映画が
当面の糧だわぁぁぁぁ(泣)

2014/09/14 (Sun) 03:11 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。