スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月4日編

朝5時起床(笑)
同室の方々を起さない様に最低限の身支度をして、外出。

あのね。

海、ゆっくり見たかったの(笑)
海、すっごい好きなの///

なので、朝のお散歩~♪と思って早起きしてホテルを出ると…

霧ーーー!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
摩周湖もビックリだよ!!見渡す限りの白い世界。

ここまで凄い霧に遭遇した事なかったな~。
そんな訳で、霧に包まれながら浜辺に降りられる場所を探して歩く。

歩く。歩く。歩く。

なかなか降りれる所がなーーーい!!
漁港?の駐車場のような所からようやく砂浜に降りられたので、海、堪能!!

白い(笑)
海がどこまで広がってるか見えず、むしろどこまでも無限に広がってるようで、
これはこれで凄く神秘的な世界でした。
夢と現の境目というか、あの世とこの世の境目というか、
そんな雰囲気すら感じられて、幻想的なんだけど、ちょっと怖い、
時間が止まってるような、流れてるような、不思議な感覚でした。


暗黒武術会の決勝戦前日ならば。
海辺に出てきた蔵馬の隣にいつの間にか飛影が居て…。
そんなシリアスなシーンが似合うシチュだなとか。
しばらく無言で海の方を見つめていた蔵馬が口を開きかけた瞬間に飛影が

「オレは負けない。お前も…勝つんだろう?」

とか。
飛影なりの激励。
その言葉で緊張が解けた蔵馬は、ふっと表情を和ませながら

「…愚問、ですよ」

大会が終わったら、貴方に伝えたいことがあるんです――


そんなやり取りがあってもいいな、なーんて。
朝から妄想ONですよ(笑)



とりあえず、ホテルから結構歩いてきたので、
ホテル方面に向けて砂浜を歩いてみました。

打ち上げられたクラゲ

しばらく一人の世界だったんだけど、
反対側から犬のお散歩をしているおじちゃんとすれ違う。

砂浜に残されたわんちゃんの足跡www

波の音を聞きながら、潮風を肺いっぱいに吸い込んで、
リラックスしながら歩いてると、ホテル手前付近で砂浜終了。
さて、もうすぐ6時になるし、ぼちぼちホテルに戻って朝風呂入ろう~と思って、
今度は道に上がれる場所を探してキョロキョロ。

…道に上がれる場所…ないんですけど…?
えぇぇぇ、うっそん`。*:`( ゚д゚* )ガハッ!!
さっきワンちゃん達とすれ違ったから絶対公道に出られる場所があると思ったのにぃぃぃ
※この世に存在するワンちゃんとおじちゃんだったと思いたい(爆)

半分迷子、キョロキョロしながらもと来た道を戻る。
さっき写メとったクラゲがカラスに食べられてる。食物連鎖だなぁ。

結局砂浜に下りてきた所まで戻って、公道に上がりました(苦笑)


ホテルに戻って、朝風呂入って、身支度整え集合!
一路、函館駅前の朝市へ。

朝市にて朝食!!

一膳丼(いくら・かに・ほたて)&活いか刺し!!
イカさん、まだ動いてまっせ!!
ゲソの部分におしょうゆかけたら、イカさん(本体)皿から脱走Σ(`・Д・ノ)ノ
予想以上のイカさんの派手な動きにビビッて、私もガタタッって席から脱走(笑)

大事な命。
美味しく頂きました。
イカさん、ありがとう。

でも…ゲソ食べた時、まだ若干動いてて、
口内(上顎)に吸盤が貼りついて

「!!いだだだだだだだだっっ!!。・゚・(ノД`)・゚・。」

ってなりました。
その日一日、貼り付かれた部分がピリピリしてた(苦笑)


遅めの朝食をとった後は15分ほど歩いて赤レンガ倉庫へ。
土産物色。
自由時間がまた2時間くらいあったので、少し足を伸ばして、
函館の三大協会へ。
まずは、カトリック元町教会。

私たちが行った時はちょっと入り口が混みあっていて、
外観だけ写メ撮って次の教会へ。

次に、函館聖ヨハネ教会

教会内の見学は自由に出来たので、少し覗かせて頂きました。
教会内は撮影禁止なので写真はないのですが、
こじんまりとした、木の雰囲気を基調とした小さな教会。
温かみのある森の中の教会って感じでした。
軽井沢でみた教会と似てる雰囲気だったかな♪

続いて、函館ハリストス教会

ここは教会内の見学が有料だったので、見学せずに外観のみ(笑)
教会を囲むように花壇が広がっていて、薔薇の花が綺麗に咲いてました!!

戻りしな、最初に見たカトリック元町教会の前を通過するので、
丁度観光の人たちが誰も居なかったし教会内を覗いてきました。


…絶句…


写真で伝えられないのがもどかしい。
ので、教会の外にある案内板の写真を写メ。

扉を開けて中に入った瞬間、鳥肌が立ちました。

神聖で、厳粛で、荘厳で。

職業柄、数多くのチャペル・教会を見てきているけど、
ここの教会は、空気が違う。
何か、ある。
人の祈りとか、信仰とか、願いとか、そういうもので包まれている感じ。

祭壇や壁に飾られた14のレリーフの絵はすべて立体の浮き彫り加工で、
私はクリスチャンでもなければ信仰心もないけれど、
それでも思わず感嘆の声がもれました。

そんな神聖な場所でも妄想www
あはははははははは(苦笑)
飛影(村人)に惹かれてしまった神父の蔵馬、とか(爆)

「…神が…見てっ、るんじゃ、ないのか?(蔵にむさぼられながら)」
※ひーたんは信仰心0(笑)

「たとえ…、たとえ主の教えに背いても、貴方が…欲しい…」

アーシ/アンのちはやと影艶の会話みたいなイメージでwww
「神様が見てる…」てシーン(知ってる人居るかな/苦笑)

真面目な話しに戻すと、函館を訪れる度に立ち寄りたい場所だと思いました。


三大教会の見学を終えた後は、市電(路面電車)に乗って、
函館駅前まで戻ります。
函館に来たら路面電車乗りたかったんだ~(*´艸`)

駅前に戻ってちょうどお昼位。
朝市近くのラーメン屋にて、塩ラーメン!!
※味噌は札幌、塩は函館が発祥!!

超あっさりで食べやすかったヾ(*´∀`*)ノ
よし、これで一応函館の食は一通り満喫したかな♪


集合時間になり、バスに乗って最後の観光ポイント五稜郭。

高校の頃来たものの、なんの知識も興味もなく、
屋台のじゃがバターの思い出しかなかった場所(笑)

リベンジ、五稜郭!!

ここが。
新撰組、終焉の地かぁ…。

まぁ、私もそんなに日本史が詳しいわけではないけれど。
「新撰組なんてヤクザと一緒」って声も良く聞かれるし、
あまり好まない方々も居るかと思うけど。
それでも、彼らが居なかったら、今の日本は無いわけで。
そう思うと、確かに人の命の重さが今より軽かったかもしれないけど、
「今」に必要な時代だったんだなぁって。

過去を紡ぎ、今に繋がってるんだなぁって改めて思った。


で、もうお約束でゴメンwww
近藤勇→飛影
土方歳三→蔵馬
※細かく考えるともっとベストな配役があるんだけどツートップって事でww

局長(近藤:飛影)を処刑されて、どこか信じられないまま、
でも飛影が残した同志達を放り出すわけにもいかず。
皆を率いて五稜郭へ入城。

けれど、日が経つにつれて、飛影はもう居ないんだ…と。
ついに五稜郭の防衛戦で、自ら死に場所を求めるかのように、
最前線に出てきて――戦死を遂げる。

これ、配役が逆だと飛影は生き抜く事を考えると思う。
蔵馬は追いかける事を考えると思う。
だから、副長は蔵馬www


五稜郭、美味しくリベンジさせて頂きましたー!!!(爆)


この後は、空港へ向かい、空港内で土産購入ラストスパート!!
函館空港にアントニオ猪木が(笑)
グレーのスーツに、本当に赤いマフラー(?)首から下げてたよwww
怒られそうで怖くて写メ撮れなかった(苦笑)

定刻通り、飛行機に乗って羽田へ。
無事に帰還いたしましたぁ.。゚+.(,,・ω・,,)ノ。+.

以上、妄想旅行、いかがでしたでしょうかwww
本当、くっだらなくてすいませーん(。-人-。)
そして妄想と現実が入り混じり、大変×∞
読みにくかったと思いますがご愛嬌って事で(笑)

ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~ (ノ∀≦。)ノ



スポンサーサイト

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。