スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピ展に行って来た☆

ジャンル違いで申し訳ないヾ(・ω・`;)ノ
追記の方にだーっと書きますので(長いよ!!)、
興味のない方はツルッとスルーして下されい(。-人-。)
ネタバレ有です☆
…*☆*……………………………………………………………

はい、そんな訳で昨日、旦那と息子と家族3人でワンピ展に行って参りました♪@六ヒル
そもそもですね、もう少し早く行く予定だったんですよ。GW明けくらいに。
チケットなんて当日で買えるだろ~なんて思ってて、いざ行こうという段階になって調べたら、当日券なんて皆無!!
前売りだって、土日のイイ時間帯は既に売り切れで、19時以降の入場とかしかないのΣ(`・Д・ノ)ノmjk!!
少し日延べして、ようやく昨日5/26の18時からの入場で前売り買えたという、行く前からワンピの凄さを見せつけられた前売り券購入までの序幕でした。

会場は六ヒルの美術館のとこのアートギャラリー(52F)。
行ってまずチケットを引き換え、その後エレベーターに載るのに20分くらい並んだかな。
ここでまわりを見渡すと、8割がた大人www
春休みとか、GW、あと、も少し早い時間帯なら子供も居たんじゃないかと思うんだけど、ほぼほぼ大人メインだったねwww

52Fまで一気にエレベーターで上がると、入場の為にまたさらに10分くらい並ばされる。
入るまでに結構疲労困憊(苦笑)


今回のワンピ展は「原画×映像×体感」がテーマ。
中に入るとすぐにサウザンドサニー号の船首模型が展示されてて(あれ、メリー号だったかな?うろおぼえww)、その先に進むと壁一面に手配書がばーっと貼られているウエイティングスペースに。
古株なキャラの手配書は半分破けてたり、紙が茶色く変色してたりして、細かく作りこんでたな~(*´艸`)
5分程そのウエイティングスペースで待つと扉が開いてその先に通され、そこは正面の真っ白い壁(スクリーン)が湾曲した、映像ブースになってました。

全員が部屋に入ると、おもむろに映像が始まり、ワンピの始めから、マリンフォード編に入る手前までをダイジェストでバーっと追っていく感じ。

な・ん・で・す・が。

映像の全てが、原画!!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
何ていうんだろ、漫画のコマを切り抜いた感じだったり、原画の背景に合わせて、切抜きした絵が動いたり、
アニメの映像一切使用無しでAll原画の映像。
それが、3Dで、動いてるの!!!どういう技術なんだろう~、凄い!!!
他の人たちも、「おぉぉぉぉぉ!!」とか「うわ~!!!」とか、みんな口々に感動の声を漏らしていて大興奮☆

そんな人達に囲まれて、温度差を感じた旦那、ドン引き(爆)

ちょっっ、甘いよ!!!ワンピ展行きたいって言い出したのアンタじゃないかwww
この程度で引いてどうする!!!つか、ワンピ展に来てる人たち、全然アクは強くないよ?!

5分程度のダイジェストを見た後、先へ進むと牢に繋がれたエースの原寸大フィギュアが。
エース…イケメンだずぇ…。原寸なのにクオリティ高くて脱帽。

その先は原画展になっていて、拡大された漫画のコマを大小様々抜き取って、両壁いっぱいにレイアウトされていて、順路を進みながら、頂上戦争の真っ只中を突っ切ってゆく作りになっていました。
(前の映像からの続きになってる構成)

戦いをくぐり抜けて、徐々に近付いてくる「その時」

順路を進むと小さな小部屋を抜ける作りになっていて、その小部屋で、エースの最後の原画展示が。

やべ、泣きそう。

と思いながら食い入るように見てる横で、旦那が一言。

「なぁなぁ、こんなさぁ、原画を拡大コピーして張り巡らすだけの子供だましに何でみんなこんなに真剣になってんの?」


…おまえ、帰れーーー(#゚Д゚):;*.':;


レプリカとは言え、尾田先生が書いた原画なんですよ!!
それをこのサイズで見れるなんて他にありますか?!
さっきの映像もそう!!アニメじゃなくて、原画が動いてんのよ?!
しかも、さっきから見てると思うけど、要所要所でナマ原稿の展示もされてるっしょ?!
おまん、今のエースの最後のシーンのナマ原稿見て何も思わんのか!!!!
感じ取るモンは無いのか?!
子供つれて、先帰れーーーー!!!!

…それまで、苦笑いしながら旦那の率直な意見を聞いて流してましたが、
思わずスイッチ入って↑言ってしまった…(爆)


夫婦の会話はさておき(笑)

エースの最後の場面の先には、また映像ブースが。

エースを失って自暴自棄になっているルフィを、ジンベエが説き伏せるシーン。
「失った物ばかり数えるな!!!無いものは無い!!!確認せい!!お前にまだ残っておるものは何じゃ!!!」
この言葉でルフィは「仲間」の存在を思い出し指折り数え、
「仲間が・・仲間がいるよ。あいつらに…あいつらに会いてぇよぉー!!」

このシーン、原画映像ですっごいイイ感じに編集して上映って…ある意味反則。
仲間との回想シーンもあったりして、涙腺崩壊…は子供の手前とどめましたが、超ウルウルでした。 ・゜・(PД`q。)・゜・ 。
ブース内、鼻をすする音もちらほら。

そんな私含む観客の姿に、旦那、さらに引くwww いいから、ホントもう帰れば?(笑)


そしてその先を抜けると、頂上戦争から2年後の姿で、麦わらの一味全員集合の原寸大フィギュア展示が。

ブルック、デカ!!
ナミちゃん、ウエスト細!!
チョッパー、頭デカ!!www

その先には、原画の展示コーナーがあり、連載開始から最新のジャンプの原画まで、オイシイとこどりで展示、カラー原稿も沢山展示してあったり、尾田先生のデスクの模型が置いてあったり。
あとは映像でどんな風に描いているのかの紹介映像がエンドレスで流れてました。

尾田先生、全てアナログでデジタル使用なし、カラーは全部コピック中心だった。すっげぇ。



ザッとさらうと、ワンピ展、こんな感じでした.。゚+.(,,・ω・,,)ノ。+.

展示方法や映像の編集、見せ方、すごく勉強になった。
今回は単純に楽しむ為に見てたけど、仕事に応用する目でもう一回見てみたいと思った。
あと、個人的に色のつけ方とかで二次創作的にも学ぶものがあった(笑)

入場料(前売り)¥1800、私的には決して高くない納得の価格でした☆
強いて言うなれば、公式グッズのラインナップが微妙で、せっかく来たから何か買おうかなって思ってもコレ!といったもんが無く、何も買えなかった(苦笑)


あ、も一つ、ついでに。
お土産に渡された小封筒を開けると中から端が燃えかけたビブルカードが。(凝ってるな~)
裏にパスコードとURLが記載されていて、アクセスするとちょっとした特設サイトで遊べます♪
自分の手配書とか作れるのww



って、こんだけ長々とアツく書きましたが、別に私、ワンピファンと言う程深い訳ではなくww
コミックは持ってないし、専らアニメで見てるだけで、勿論、腐ィルター発動しませんし。
健全に、面白いからアニメで見てる、程度のモンなんですわ。
それでもこんだけ楽しめたのはスゴイ☆

そして、見てる最中、何度となく妄想しました。

これが幽白展だったら…!!!

等身大のひーとか、蔵とか、冨樫先生のナマ原画とか、原画拡大レプリカとか、書き下ろしボードとか!!!!
「トリートメントは…云々」の場面とか、「もう後戻りは出来んぞ…」とか、その後の爆睡ひーとか、幽助潮化とか、魔界でひー&妖狐の大爆笑とか、うぉぉぉぉ想像するだけで萌える。
間違いなく、悶死(笑)

そんな素敵展が開催されるとなれば、勿論、家族となんか行きませ…否!!
「行“け”ません」けどね(爆)
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。